オフィスのパソコンは処分よりリサイクルへ!

古いパソコンはリサイクル業者に引き取ってもらった方が良い理由とは

>

オフィスのPCを買い替える時には古いパソコンはリサイクルに

パソコンのリサイクル業者の選び方

一番簡単なのは現在使用されているパソコンの販売業者から新しいパソコンを購入される場合には、サービスとして古いパソコンを下取りしてくれる業者もありますので、そうしたサービスを利用するのが一番お手軽な方法です。次にネットなどで専門のリサイクル業者を探して引き取りをお願いする方法があります。どちらの方法でも注意していただきたいのが、パソコン内に残っているデータを完全に消去した事を自社の側でも確認をするという事です。

具体的な方法などについては後程詳しく説明いたしますが、パソコンに詳しくない人はゴミ箱やアンインストールをしただけでパソコンのデータが消去されていると勘違いしています。実はそうした消去方法では不十分で、パソコンのメモリー内には消去したデータがまだ残っているのです。そのため、そうしたデータを復元する方法もあったりしますので注意しましょう。

データの消去時には自社の人間も立会いを

古いパソコンのデータを消去する際には自社のパソコンの知識のある人間に必ず立会いをさせるようにしましょう。ある程度の人数がいる会社では一人ぐらいはそうしたパソコンの知識に詳しい人間がいますので、立会いをお願いしましょう。わからない事はわかる人に任せる事が出来るのが優秀な経営者の条件です。もちろん自分が十分な知識を持っていれば問題ありませんが、中途半端な知識でとりあえず大丈夫だろうと考えてしまうのが一番いけません。

個人事業主や少人数の企業の場合で誰もパソコンに詳しくないという場合には必ず信頼できるリサイクル業者を選んで、分からなくても消去の過程を実際に目の前で行ってもらうようにしましょう。完全に個人情報などの流出が防げるわけではありませんが、可能性は低くなりますので立会いは絶対に行うようにしてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る